エモーショナルの向こう側

思いの丈をぶつけに来ます

埼玉西武ライオンズ南郷春季キャンプ2020覚書


埼玉西武ライオンズ春季キャンプ2020
@宮崎県・南郷スタジアム

に行って来た。


私が行ったのは、2月1日(土)、2日(日)の二日間。
初めてのキャンプ、初めての宮崎、ていうかそもそも九州初上陸と、初めて尽くしの旅だったけど、とても楽しかった。

行く前はめちゃめちゃ不安だったし、行ってみて初めてわかったこともたくさんあったので、来年のための覚書。
これからキャンプ行く人の参考にもなるといいなと思うけど、実際参考になるかはわからない。

 

 

 

行く前に悩んでいたこと


日程

A班キャンプの期間は2月1日(日)~19日(水)
平日は仕事があるから、土日で行って帰ってくるか、祝日に絡めて休みをとるしかない…………となると、選択肢はかなり狭まってくるけど、前半後半どっちがいいんだ~~~~?????と悩んでいた。
Twitterで助けを求めたところ、「終盤に行くにつれて実戦に近い練習や紅白戦が増える」「今年は第2クールから実戦が多くなりそう」「個人をひたすら追うなら前半がオススメ」と教えてもらったので、最初の土日に行くことにした。
土曜の早朝に家を出て、一番早い飛行機で昼頃に現地着、日曜の夕方の一番遅い飛行機で宮崎を経ち、深夜に帰宅というスケジュール。

 


泊まる場所

キャンプ行きを決めたのが年明けで日南市のホテルはほぼ全滅だったため、宮崎駅から徒歩20分で一泊9000円くらいのビジネスホテルに泊まることにした。
どうせお風呂入って寝るだけだったので、とくに期待もこだわりもなかった。ホテルのレベルとしては及第点……というか、この設備ならもう少し安くてもよくないかって感じだった。宮崎駅自体は構内にお土産屋さんや飲食店もあり便利。
ちなみに宮崎駅南郷駅は電車で1時間半~2時間ほど。実質の移動時間や距離よりも、電車の本数がないことのほうがつらい。(詳細後述)

 

 

服装

・ショートダウン
ヒートテック+Vネックニット
・スキニー
・スニーカー

宮崎の気温を調べるもいまいちピンと来ず、とりあえずアウターはダウンで、脱ぐとやや薄着……くらいで行った。結果的に大正解。
日中は陽射しが強くて、風もなく、メインスタジアムの内野に座ってると暑いくらい。ダウン脱いでてちょうど良かった。
ただし、日陰はひんやりしてるし、風が吹くとちょっと寒い。朝晩も冷える。
アウターは風を通さない素材なら、ブルゾンとかでも良かったかもしれない。(ただ、地元が余裕で氷点下だからダウンじゃないと私はしんでた)

 


荷物

・大きめリュック
サコッシュぽいショルダー

一泊二日で、服も二日間同じニットとスキニーで過ごしたから、荷物はこれだけ。
飛行機乗り慣れてないから、預ける荷物があると時間がどれくらいかかるかわからなくて、機内持ち込みギリギリサイズのリュックにした。

それぞれの中身は
・リュック→着替え、化粧品、スキンケア用品、ヘアアイロン、充電器、眼鏡、カメラ、ユニフォーム、タオル

サコッシュ→財布、リップ、鏡、のど飴、ハンドクリーム、モバイルバッテリー、双眼鏡、サインペン、サイン帳

球場ではカメラは首から下げていた。
あと、二日目は買ったお土産をリュックにいれるために、カメラバッグは出して別で持って歩いた。

 


行ってみてわかったこと

持ってて良かったもの

・カメラ
これまで全くカメラに触れたことがなかったが、キャンプに合わせてミラーレスを購入。レンズキットの望遠レンズだけでもスマホよりは遠くまで綺麗に撮れるので、素人には十分だった。ずっとカメラ構えていたわけではなかったし、二日目の午後はバッテリー切れで物理的に使えなかったけどキャンプ自体はすごく楽しかったので、必須アイテムではない。
ただ、持ってて良かったと思う点としては、やっぱり良い瞬間を残せると嬉しい。あと、遠くでわちゃわちゃしてるところをとりあえず最大ズームで撮っておけば、手元で拡大して「あ、一緒にいたの◯◯選手か~」とわかって良かった。


・双眼鏡
普段、試合に持っていくのと同じものを持参。メインスタジアムで入れるのは内野席のみなので、外野での練習は普通に遠い。良い望遠レンズつけたカメラがあれば双眼鏡いらないのかもしれないけど、私は"撮る"より"見る"がメインだったので、持っていって良かった。


ヒートテックレギンス
寒かったらスキニーの下に履こうと思って持っていったけど、上述の通り日中は暑いくらいだったので、その必要はなし。ただ、夜のホテルの部屋が寒くて、部屋着として履いていた。エアコンはあったけど夜の間ずっと暖房つけてると乾燥するし、荷物減らしたくて寝間着持っていかなかったからホテル備え付けの浴衣切るしかないし……という状態だったけど、ヒートテックレギンスのおかげで安眠できた。ジャージ持ってくよりかさばらないから、お風呂上がり誰にも見られない宿なら寝間着代わりにヒートテックレギンスありだなと学ぶ。


・信頼できるフォロワー
マジでこれが一番持ってて良かった!!!!
キャンプに行くのを迷っていたときに背中を押してくれたフォロワー、日程や服装や持ち物を悩んでいるときにアドバイスくれたフォロワー、早起き応援してくれたフォロワー、現地で合流して二日間行動を共にしてくれたフォロワー…………楽しいキャンプを過ごせたのは、あなた方のおかげです、本当にありがとう……。
とくに現地で、キャンプ慣れしてるフォロワーさんと合流できたのは幸運だった。わりと一人でどこにでも行くタイプだし、合流してからも「ちょっと私はブルペンへ!」みたいに別行動もしてたけど、やっぱり仲間がいるのは心強い。あと、「えっ、今の見ました!?可愛い~!」みたいなことを言える人がすぐ隣にいるのは本当に有難い。文字通り。
持つべきものは信頼できるおたくのフォロワーだなとしみじみ…………。

 


なくてもよかったもの

・カイロ
寒いかと思って貼るタイプを持った行ったけど全然必要なかった!天気にもよるだろうけど、この二日間は一切出番なし!


・ユニフォームやタオル
一応、最推し野手のユニフォームとタオル、最推し投手のタオルは持った行ったけど、ほとんど出しもしなかった。選手にサインもらうならユニがあるといいかもしれないけど、選手タオルはまず必要ない。そして最推し選手は二人ともサインのチャンスもなかったので、出す機会なかった。
現地では、ユニフォーム着てる人はほとんどいない。むしろトートバッグやキーホルダーで推しアピールしてる人が多い。

 


現地で買えたもの

・お昼ご飯
うどん、やきそば、たこやき、チキン南蛮丼などの屋台が出ている。一日目はチキン南蛮丼、二日目は肉うどんと焼き芋を食べたけど、どれも美味しかった。


・グッズ
御朱印帳(サイン帳)
・サインペン(マッキー)
球団グッズの屋台もあり、2020年球団カレンダー、ねこげんカレンダー、骨牙カレンダー、松坂大輔グッズなどが売られていた。
同じ屋台で、マッキーや御朱印帳、色紙、ボールの販売もあり。私はサインペンは持参していたけど書いてもらうものを何も持っていなかったので、念のため御朱印帳のみ購入(2500円)。でも、御朱印帳が埋まるほどサインをもらう予定もなかったし、実際にもらったのも一人だけだったので、普通に家から普段使いの手帳かスケブ持って来ればよかったとちょっと後悔。

 


移動がたいへんだった話

・電車の本数がなさすぎる
岐阜県民にしか伝わらない例えをすると「宮崎県の宮崎駅だから岐阜県の岐阜駅くらいかと思ってたら、東海道本線じゃなくて高山線だった」レベルで本数がない。一時間に1本もない。
一番困ったのは、二日目の朝。宮崎駅から南郷駅まで行こうとすると、始発(宮崎5:28発―南郷7:38着)を逃したら次は南郷10:58着しかなかった。
途中の油津駅まで行く電車はもう少し本数があったので、とりあえず油津まで電車で行って、そこからタクシーで南郷に行くことした。油津から南郷スタジアムまではタクシーで20分くらい……のはずが、いろいろあって南郷駅までに(詳細後述)。油津駅から南郷駅までも、タクシーで20分ほどで2300円くらいだった。たぶん油津から南郷スタジアムまででも3000円あれば行けると思う。


南郷駅からもまあまあ歩く
南郷駅からスタジアムまでは、徒歩15~20分くらい。
行きはひたすら上り坂、帰りはひたすら下り坂。道自体はわかりやすいし、個人的にはこの距離なら歩くか~くらいの道程だったけど、後から地味に足腰に来た。シャトルバスやタクシーという選択肢もあったし、二日目の帰りはフォロワーさんに便乗してタクシーで駅まで行った。ギリギリまで現地にいようと思うと、タクシーの方がいいかも。まあでもこの距離なら特に何もなければ次回も歩くかな……。重い靴だと確実にしぬので、軽めのスニーカー推奨。


・メインとサブ・ブルペンの移動は高低差がヤバい
たぶんこのツイートがわかりやすいと思うけど、本当に高低差がヤバい。


しかも、この青いシートは選手・関係者用の通路なので、一般のファンはこの横にある坂を利用することになってるんだけど、これがまた地味につらかった。

 

 

今回の現地での動き、簡易レポ

【一日目】2月1日(土)

・9:45頃、宮崎空港
・すぐに宮崎空港駅に向かうも、一番早い電車が10:20発だったため、そのまましばらく待つ。
・電車の中でサンデーライオンズと文化放送ライオンズナイターのアカウントをチェック。キャンプのスケジュールを確認。
・12時過ぎに南郷駅着。駅舎がライオンズのデザインになっていてテンション上がる。そこから歩いてスタジアムへ。
・到着してすぐメインを覗くと、少し早いがランチ特打に入っているっぽい。栗山がいるのは確認できた。
・とりあえず一周してみようと思い、ブルペンへ。
・不意に現れた今井くんがカッコ良すぎてビビる。
・メインに戻り、チキン南蛮丼を食べながら打廻りを見る。
・金子は、少し打つたびに赤田コーチとお話していた。
・鈴木将平くんがうるさくて可愛い。「バッティング入りまーす!」とか言ってた。
・予定よりだいぶ早く個別練習に入ったらしく、14時半頃にメインから人が消える。
ブルペンの方に行ってみると、今井くんと大将くんがいる。
・サブでは森くんをはじめとする捕手陣が練習中。フェンス一枚隔てただけの距離の近さにビビる。
・通路付近には、サイン待ちのファンが列を成している。ブルペンのあたりで、光成くんと本田さんとルーキー浜屋くんがサインをしていた。
・メイン近くの通路付近もサイン待ちのファンで溢れている。金子がメインから出て来たが、すぐにバスに乗ってしまう。
松坂大輔がメインから出て来て、「サインお願いします」の声に答えてファンの方に来てびっくりした。何人かにサインをしていたっぽい。
・下のブルペンから小川さんと森脇さんが上がってくる。途中、子どもに呼び止められ、サインに応じる二人。森脇さんが目の前に来たので、思い切ってサインをお願いする。緊張しすぎてよく覚えてないけど、対応めちゃめちゃ丁寧で優しかった。
・森脇さんはそのあと小さい子にサインをお願いされていたが、どうやらその子の差し出したグッズが違う選手のものだったらしく、「これ?サインしていいの?ほんとに?」と笑いながら尋ねていた表情が柔らかすぎてしんだ。
・小川さんもゆっくりサインしながら進んでいてめちゃめちゃ優しい。
・その後も、投手が続々と上がってくる。サインはしたりしなかったり。疲れてるだろうからファンサなくても全然いいし、練習ほんとにお疲れ様だし、早く帰って美味しいもの食べてあったかい布団で寝てほしい。
・17時頃に現地を出て、歩いて南郷駅へ。南郷17:28発―宮崎19:03着の電車に乗る。
宮崎駅構内の居酒屋で夕食をとる。何を食べても美味しかったけど、とくに鰹が印象的。ただ、駅を出てホテルに向かうまでにも居酒屋や飲食店はたくさんあったから、次回はもう少し調べて行きたい。
・ホテル到着。寝る前に翌朝の電車を調べ、絶望的に本数がないことを知る。
・去年のキャンプの練習スケジュールを見ると、だいたい9時前に早出の練習、10時頃に全員来て、11時頃にキャッチボールを始めている。遅くとも11時には着いていたいので、早起きできるように祈りながら就寝。

 

【二日目】2月2日(日)

・朝5時半起床。6時すぎにホテルを出る。まだ暗い宮崎の街を歩いて駅へ。
宮崎駅のファミマでお金をおろし、朝ごはんと飲み物を買う。
・宮崎6:43発―油津8:10着の電車に乗る。電車は空いてて、4人掛けのボックスシートに一人で座れた。他の乗客もたぶんみんなキャンプ民。
油津駅は広島のキャンプ地の最寄り駅で、駅舎もカープ仕様。
・ロータリーには、客待ちのタクシーが3台くらい。タクシーに乗り込んで「南郷スタジアムまで」と言うと、「今、パレードがあるとかで南郷駅のところ交通規制してるみたいだよ」と言われる。「パレード?????」となりながらも、とりあえず南郷駅まで行ってもらうことに。
・タクシーの運転手さんに「西武のファンの人はおとなしいイメージ」と言われる。
・8時半頃、タクシーで南郷駅着。確かに人だかりができていて、報道陣もたくさんいる。
・よくわからないまま駅の前で何かを待っていると、紙の特製フラッグが配られる。その後のアナウンスで、これからあるのは「ライオンズ南郷駅誕生セレモニー」だと判明。ライオンズ仕様の駅舎は、地元の高校生が発案し、クラウドファンディングや地元企業の協力があって実現したものらしい。
・その情報をもとにTwitter検索すると、宮崎駅を7時半頃に出発し、南郷駅に9時頃に到着する臨時列車が運行されているらしい。それ乗れば良い時間に来れたやん!!!!検索結果に出してくれよ乗換ナビ!!!!
・臨時列車には、一般客の他に、協力企業の方や、ライオンズ辻監督、森選手、源田選手、山川選手、平井選手も一緒に乗っていることがアナウンスされる。平井さん!!?!えっ、ほんとに!??!?!???!?
・9時頃、臨時列車が到着し、セレモニー開始。
・ライオンズ南郷駅を発案した地元高校生グループの代表の子の名前が「レオ」くんで、どよめく(が、本人いわくライオンズとは関係ない由来らしい)。
・セレモニー中、後列の端に並んだ球団マスコットのレオと源田くんが、ずっとひそひそお話ししてて可愛かった。写真撮影タイム前後には太ももの太さを比べるようなやりとりも。
・山川は、隣の高校生にちょくちょく話しかけている。観客席の少年野球の子の声にも反応したりしていて、山川は子どもに優しいことを再確認。
・セレモニーは30分ほどで終了。そこからまたスタジアムまで徒歩で向かう。
・10時頃に現地着。メインでは早出の練習が終わりがけ。まだ二日目の朝なのに、佐藤龍世くんが守備練習でへろへろになっていた。
・メインでひたすらウォーミングアップやアジリティを見る。
・龍世くんが、源田くんをはじめとした先輩たちに弄られてて可愛い。リアクションが大きいので構いたくなる気持ちはとてもよくわかる。
・アジリティ中、源田くんと金子はよく隣で話してて、やっぱり仲良さげ。そこに森くんも加わって、三人で固まっていることが多い。
・キャッチボール、前日のペアが金子&栗山さんだったと聞いて楽しみにしてたけど、この日は違った。金子は木村と、栗山さんは阪神から移籍してきた森越さんと。
・投内連携が見ていて楽しすぎて、外野を見るのをすっかり忘れる。状況に合わせてキャッチャーが指示だす声まで聞こえてめちゃめちゃ楽しかった。
・投内連携では、平良くんが、ボールをこぼして投げられない場面もあった。あと、源田くんの守備は練習でも抜群に美しくてたまらん。
・レオがめちゃめちゃスタンドに来る。そしてファンに手を振ったり、子どもの頭を撫でたり、カメラを構える真似をしたり、空いてる席に座ったり、めちゃめちゃ自由。ファンサがヤバい。レオくんの夢女ならしんでた。
・このあたりでカメラのバッテリーが切れる。昨夜、充電せずに寝たから自業自得。
・練習スケジュールの投手の方に「サードスロー25」とあったので、サブの方に行ってみる。平井さんの姿を探すも、最初は見つからず。ブルペンでは8人くらい投げていた。
・サブに平井さんを発見。サードから、ファーストまで投げる練習。バッテリー瀕死のカメラで必死にシャッターを切る。
・ファーストにいるコーチが「いいねいいね~!」みたいに言い始めるのを、平井さんが「出た!野次将軍!」と笑っていた。
・平井さん一人だけの練習だったので、それほど時間は長くなかった。その後はしばらくブルペンを眺める。ブルペンの脇のベンチでは、與座くんと松本くんが一緒にスマホを覗き込んでて可愛かった。しばらくして與座くんは「てっちゃん、めしいこ~」と同い年の宮川哲選手(おそらく)に声をかけて消える。
・メインに戻り、ランチ特打を眺めながらお昼を食べる。ランチ特打のメンバーは昨日と同じで、栗山、メヒア、スパンジェンバーグ。
・特打が終わると、栗山さんやスパンジェンバーグもボール拾って片付けててぐっとくる。スパンジェンバーグはバッティングピッチャーさんにも握手を求めていた。
・打廻りと個別強化(打撃)でひたすら金子を見る。
・その間、龍世くんはコーチとマンツーマンでフォーム改善をしていた。膝?太もも?のあたりにゴムのバンドをつけて、引っ張ってもらいながらバットを振る。下半身の修正?
・15時すぎ、タクシーで南郷駅へ。
宮崎駅15:35発の電車で空港へ。ちょうどいい時間の電車が観光用の特急しかなかったが、自由席に乗れて一安心。
宮崎空港に17時半頃到着。空港でキャンプに来ている球団の選手の私物等が展示されていることを初めて知る。
・使用機到着遅れで、飛行機の離着陸が30~40分ほど遅れての運行になる。夕食をとり、お土産を買って待つ。
・21時頃、中部国際空港着。

 


来年に向けて

・飛行機と宿は早めに手配する。とくに宿はもう少し南郷の近くに泊まりたい。
・美味しいお店を調べておいても良かった。何食べても美味しかったから良かったけど、あとから知って気になるお店もあったため。
・カメラの充電は必ずしておく。予備バッテリーもあった方がいい。

 


まとめ

めちゃめちゃ楽しかったから絶対また行きたい!
宮崎県自体もすごく良いところだったから、今度はもう少しゆっくり行って観光もしたい!
写真撮らない、サインもらわないでもキャンプは十分楽しめる!でも、このへんは時と場合によるので準備をしておくに越したことはない!
ほんとに楽しかったし、開幕が楽しみ~~~~~~~~!!!!!!!!!!!

 

 

 

おまけ

スタンドでめちゃめちゃ自由だったレオ
f:id:maguromgmg:20200205195451j:image

 

打撃練習中のねこさん

(一日目、ミラーレスで撮影)

f:id:maguromgmg:20200205195730j:image

 

(二日目、スマホで撮影)

f:id:maguromgmg:20200205195909j:image

 

サードスローをする平井さん

(ミラーレスで撮影)

f:id:maguromgmg:20200205195951j:image

 

(スマホで撮影)

f:id:maguromgmg:20200205200049j:image

 

 

おしまい!